本文へ移動
一般社団法人 湯のまち
〒874-0832
大分県別府市大字南立石1079番132
(大分県別府市南立石生目町1組2)
TEL.0977-80-7223
FAX.0977-80-7272

訪問看護ステーション
ケアプランセンター

0
1
5
8
7
3

湯のまち訪問看護ステーション

ご本人や、ご家族の意思、ライフスタイルを尊重して  
生活の質が向上できるよう予防的支援から看取りまでを支えます。
ご本人のみならず、ご家族の健康状態をチェックし、
一人ひとりの健康課題を早期に見出し、
医師と連携して病気の発症や、重症化を防止します。
ケアマネージャー等の他職種とも連携し、
状況に応じて他の在宅サービスも取り入れていきます。
24時間365日 安心を支える湯のまち訪問看護ステーションです。

訪問看護ステーションについて

○療養上のお世話
身体の清拭、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
○医師の指示による
 医療処置
かかりつけ医の指示に基づく医療処置
○病状の観察病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
○医療機器の管理 在宅酸素、人工呼吸などの管理
○ターミナルケアがん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い
○床ずれ予防・処置床ずれ防止の工夫や指導、床ずれの手当て
○在宅でのリハビリ
 テーション
拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等
○認知症ケア事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
○ご家族等への
 介護支援・相談
介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
○介護予防低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス

在宅療養に必要な訪問看護

病院から地域へ「暮らしと医療を支える」ために訪問看護の活用を!
昨今在宅医療の重視や入院期間の短縮が進んでいる現状において、平成26年度診療報酬改定では、在宅復帰への流れをさらに重視しています。患者さんは適切な時に、適切な場所で、適切なケアを受けることが保障されて、初めて安心して生活を継続することができます。しかし、十分回復して退院されることばかりではなく、点滴や酸素吸入管理、インスリン療法、痛みなどのコントロールが必要な方もおられます。また独居、家族背景や介護力など問題も絡んでいます。退院支援を考えるうえでは、入院直後から退院後の生活を見据えて支援が必要になります。そのような時に訪問看護師は、退院前のお話し合い(退院前カンファレンス)に参加したりや外泊日、自宅に訪問することも可能です。安心して退院を迎え、安全に療養生活ができるよう支援いたします。パンジーの花ライン素材 (1.png - 289x48)
TOPへ戻る